ホームインタビュー平木 俊嗣 インタビュー

平木 俊嗣 インタビュー

平木 俊嗣

所属:

広域営業本部

職種:

営業

一人ひとりが責任感を持って仕事に従事するマエカワの風土
謙虚な気持ちでお客様と真摯に向き合い続けたい

新しいことに柔軟な社風
誰もが即戦力として活躍できる

現在私はオートリース会社様を中心とした得意先への車載用電装品、架装品の販売や提案営業を行っています。営業部は異業種からの転職者や年齢層、来歴もさまざまですが、意欲的な姿勢があれば中途入社であっても成果をしっかり認めてもらえ、要職に就くこともできます。そのため部署全体の意欲が非常に高く、みんなが強い責任感を持って仕事に取り組んでいます。
私自身も中途入社です。当初は物流部門で出荷などを担当していましたが、さらに商品の在庫管理能力を上げられないかと考え、陳列方法の改善を会社へ提案してみたところ、新しい棚や備品の発注から配置、運用まで入社間もない私に任せてくださったこともありました。「こんなことをやってみたい」と手を挙げる社員に対して、積極的に仕事を任せてくれる柔軟な会社だと思います。

仕事を見守りながら
先回りしたアドバイスが嬉しい

前述の通り、新人であってもさまざまな経験ができる当社ですが、フォロー体制もしっかりと整っています。当社に入社すると、中途採用であってもほとんどの方がまずは研修として、各部署をローテーションで回ります。そこからそれぞれの社員の希望や特性を見極め、各部署への配属となるので適正に合った職種に従事することができます。
また、配属後は先輩や上司の方々が、それぞれの仕事内容を日々の報告の中から情報をキャッチし、定期的にランチミーティングなどを設けて仕事の相談に乗ってくれます。上司自身の経験に基き、私の「つまずくポイント」を先回りして予測し、的確なアドバイスがもらえるので安心です。

「なぜ」を大切に
説得力のある提案をしたい

私が日々の営業活動で最も大切にしていることは、相手の意図を正確にくみ取るということです。二次先に商材を使用していただくので、実際の使用者のつもりになって提案することで内容に説得力が増し、提案先にも納得して活用いただけると考えています。
実際に私も、当社と得意先、二次先とのコミュニケーション不足により意図がくみ取れず苦戦した経験があります。そのときの反省を生かし、現在では何事も分からないままや曖昧なままにせず、お客様から「その商材を使用する意図」をしっかりとヒアリングを行うように心がけています。そうした能動的な姿勢が、先々でお客様の信頼を得るためのキーとなるのではないかと思います。

身に付けたいのは
付加価値のある営業力

会社として業界トップであり続けるためには、現状に満足せず新しいことに取り組んだり、他ができないサービスや独自商材を展開していかねばなりません。私自身、既存のお客様への営業が業務の大半なので一見ルーティンだと思われがちですが、毎日コツコツと新しい提案営業を行っていると、取引先との信頼関係が築かれ、より複雑な相談も持ち掛けていただけることもあります。今後お客様にさらなる付加価値を感じていただくために邁進していくとともに、「当り前のことを当たり前に行う」というビジネスの基本であるこの原則をきちんと果たせる営業になりたいと思っています。

一覧へ戻る